女性の健康まるわかり帳
HOMELINKSITEMAP
HOME > 健康でいるために > 骨盤矯正

骨盤矯正

腰痛、生理痛、冷え性、下半身太り、むくみ、肩こりなど等……

それは骨盤が開いているのが原因かもしれません。

骨盤が開いていることで、健康に影響が出ているのかもしれません。出産を経験している女性であれば、ある程度骨盤が開いたままになっている可能性があります。

骨盤の歪み

骨盤の歪みはどうしておこるのでしょうか。

女性は出産するときに、骨盤が開いて赤ちゃんを産みます。産後のケアがしっかりしていなければ、骨盤が開いたままになります。

また、歪みが出るのは出産ばかりではありません。日常生活の過ごし方にもその原因は潜んでいます。普段の座り方でも骨盤の歪みを招いてしまうのです。常に足を組んで座っていなければ落ち着かない、片方の足に体重をかけるなど、こうした癖が骨盤の歪みにつながります。

また、骨盤を支えている筋肉の力が、年齢と共に低下していきますので、骨盤に歪みが生じやすくなります。

骨盤が歪むと…

骨盤が歪むと、足の長さが左右対称ではなくなってしまいます。骨盤の歪みによって、骨の高さが変ってしまうためです。そのバランスをとろうと、無意識に肩をあげたり首が傾いたりします。

こうして筋肉の緊張が続くことにより痛みや凝りだけではなく、筋肉に癖がついてしまい、正しい姿勢が取れなくなってしまいます。

また、骨盤が広がると、筋肉が緩んでしまいますので、余分な脂肪がつきやすくなります。産後に太りやすくなることを考えると納得できるでしょう。骨盤が開きっぱなしのままだとヒップが横に広がり、四角いお尻になってしまいます。

ウエストも太くなり、下半身太りに繋がります。骨盤は自分で歪んでいるのが中々自覚できないもので、一度広がってしまうと元に戻りにくい特徴があります。

歪みチェック

骨盤の開きや歪みなどを矯正するのであれば、整体院に行くのが手っ取り早いのですが、本当に歪んでいるのかどうか行く前に確認したいという人もいるでしょう。

自宅で、自分で簡単にできる方法を紹介します。あくまでも歪んでいるかどうかの目安ですのでご了承ください。

歪みチェック1

  1. 仰向けになって腰の幅に両足を開きます。
  2. 両方の骨盤の一番高い場所に親指を置き、床に中指をつけて高さを比べてみましょう。

歪みがなければ左右の高さは変りません。

高さが違う場合、高い方の反対側にねじれているかもしれません。左が高ければ右にねじれているということです。

歪みチェック2

  1. 背筋を伸ばして正座をします。
  2. 親指を肋骨の下にあて、人差し指か中指を骨盤にあてて、長さを調べます。

同じ長さだとねじれはありません。

長さが違うとき、長い方とは反対側に骨盤が傾いています。

開きチェック

  1. 仰向けになって、腹筋を使って起き上がってみます。
  2. 腹筋だけで起き上がれなかったら骨盤が開いているかもしれません。

腹筋が弱くなっているということは、腹筋に支えられている骨盤が開き気味になっているということで、内蔵が骨盤内に落ちて、冷え性や肥満につながっていると考えられます。

簡単チェック法

鏡の前に真っ直ぐに立った状態で、

などがあります。

骨盤体操

整体院に行く時間がないという人、自宅で行える骨盤体操をしましょう。

骨盤体操の方法は数多くありますが、ここでは寝る前のちょっとした時間に簡単に行えるものを紹介しましょう。

骨盤の歪みを治す体操

骨盤が歪んでいる方向に合わせて行う体操です。

  1. 両足を開き気味にして真っ直ぐ伸ばして座ります。
  2. 骨盤が左に歪んでいる場合は右手、右に歪んでいる場合は左手の指を広げて後ろにつきます。反対側の手は股間の前に持ってきます。
  3. そのまま息を吐きながら、後ろについている手に、反対側の手を合わせ、意気を吸いながら元の位置に戻ります。左右両方行っても構いません。

▲ Page Top