女性の健康まるわかり帳
HOMELINKSITEMAP

HOME > 女性特有の病気 > 子宮がん

子宮がん

一般的に『子宮がん』と呼ばれる子宮のがんですが、正確に言うと『子宮がん』と言うものは存在しません。大きく分けて子宮頸がんと子宮体がんに分けられ、そこから更に細かく種類が分かれていきます。女性の健康の中でも、とても気になるもので、30歳を過ぎたら、子宮がん健診と乳がん健診は毎年受けるようにした方がいいでしょう。

女性にしかない病気で、自覚症状もほとんどありませんので、自己管理しながら健診を忘れないようにしましょう。『どうせ健診してもなんともないから』と考えないでください。何もないからいいのです。それとも『がん』があってほしいですか?

子宮がん

上記したように、子宮がんは『子宮頸がん』と『子宮体がん』の二つに分けられます。リンパ節や他の臓器に転移する可能性もありますので、早期発見、早期治療が望まれる病気です。30歳以上だと、定期健診を行っている都道府県もありますので、定期的に健診を受けるようにしましょう。

子宮がんの症状

子宮がんは、初期であれば自覚症状がほとんどありません。そのため、子宮がんと気づくのが遅れがちになります。性交後に出血したり、性交中に痛みや出血がある場合、一度診察してもらいましょう。生理ではないのに不正出血があったり、生理のときでも、ありえないくらいの大量出血は子宮がんが考えられます。おりものが水っぽく、臭いがある場合も要注意です。

何度も言いますが、子宮がんは症状が分かりにくく、初期の頃は無症状と言ってもいいほどです。ですから、年に1度の健診は、とても大事なことです。ぜひ受けるようにしましょう。

子宮頸がん

子宮頸部にできるがんを子宮頸がんと言います。がんには珍しく、予防できるがんと言われています。定期的に健診を受けていれば、子宮頸がんになる前の段階で発見することができますので、子宮がん健診でがんになる前の段階のものを発見でき、治療することができれば、子宮頸がんにならなくても済むのです。自覚症状が中々でないタイプのがんですので、注意が必要です。

原因

子宮頸がんの原因はウィルスです。このウィルスは性交渉によって感染するものですので、性経験がある女性の殆どがかかっているといってもいいでしょう。ただし、普通このウィルスは自然に体の外に出てしまいます。稀にそうではない場合に、子宮頸がんになってしまうのです。

治療

基本的な治療は手術になります。手術によって病巣を取り除くことになりますが、それもできないほどのステージの場合や、高齢の人、他に合併症がある場合などは放射線治療になります。放射線治療でも、手術と同じくらいの効果が期待できますが、手術の方が完全に病巣を取り除くことができますので、できれば手術の方が安心です。

子宮体がん

子宮体がんは、子宮頸がんに比べて発症率は少ないですが、子宮そのものにできるがんのため、発見しにくいがんです。

発症しやすい年齢として、50〜60代が多いと言われていますが、高脂血症、糖尿病、肥満の人にも多いと言われています。不正出血、おりものの異常、排尿時の痛み、性交痛などがあったら、一度検査してみましょう。

治療は外科療法、科学療法、放射線治療、ホルモン治療があり、ステージの状況でどの治療法が用いられるのかが判断されます。早期発見できると生存率も高くなります。

検査

子宮体がんの疑いがあった場合、子宮内膜組織診戸呼ばれる検査が行われます。管を子宮内に入れ、組織を採取して顕微鏡で調べます。この検査をして、がんのステージを見て、今後の治療法が決まります。子宮体がんの65%は内膜にがんが止まっている状態で、この時点で発見して治療できると、5年は生存できると言われています。それ以降になると79%の生存率だと言われています。

▲ Page Top