女性の健康まるわかり帳
HOMELINKSITEMAP

HOME > 様々な悩み > 冷え性

冷え性

女性の健康を考える中で、比較的多いのが『冷え性』でしょう。でも、冷え性って病気じゃないって知ってましたか?

西洋医学の中では、『冷え性』という病名はないのです。それを証拠に、『冷え症』とは書き表しませんね。東洋医学の陰と陽で考えると、漢方薬を使ってなんとか改善できますが、病気でないということは、自分でなんとか改善していけるのです。

冷え性って?

冷え性は、体は温かいのに、いつも手足や腰が冷えきっているのが続くことです。体質によるものもあります。

血行が悪くなっているために起こります。寒い場所にいると血管は縮んで血行が悪くなります。温かい場所に行くと血管は緩み、血が巡るので体も温かくなりますが、冷え性の人は血管が縮みっぱなしになっているのです。

冷え性の原因

どうして冷え性になってしまうのでしょうか。小さい頃から冷え性だという人は、見たことも聞いたこともありません。ある日突然なってしまうものなのでしょうか。

衣服

冷え性は女性に多いのですが、その原因はきている服にも関係します。

ボディラインを出すようなピッタリした服だと、体に圧迫を与えていることになりますので、毛細血管への圧迫につながり、血行が悪くなります。

ゆったりとした服を着ている人と比べると、体温の上昇の仕方が明らかに違うことも分かっています。

また、スタイルを良く見せようと、ボディスーツや矯正下着で体を締め付けている人もいますが、これも言わずもがな、冷え性の原因になってしまいます。

スタイルを気にするあまり、健康を害しているということに早く気づきましょう。

食生活

東洋医学で言う、陰の食べ物ばかりを食べていると冷え性につながります。

ジャンクフードやチョコレートなど、現代人が好んで食べるものは体を冷やす効果があり、血液をドロドロにして益々血行を悪くしてしまいます。

冷暖房

私たち人間は爬虫類と違い、体温を一定の温度に保つ機能を持っています。けれど、季節に関係なく冷暖房に頼ってばかりいると、神経機能がうまく働かなくなり、自律神経が機能しなくなります。自律神経が機能しなくなるということは、うまく血液を体にめぐらせることができなくなることに繋がります。

運動不足

運動不足でいると、筋力も低下してきます。筋力が低下すると血管を収縮させる機能が衰えてきます。

結果、血行不良を招くことになるのです。適度な運動は、全身に血液をめぐらせてくれます。


体質

実際に冷え性体質の人はいるものです。

自律神経失調症の人は自律神経症状の他に冷え性を伴うことも多く、鉄分不足体質の人は、貧血と共に冷え性に悩む人も多いです。また、ホルモンバランスが崩れて自律神経がうまく働かずに冷え症になる女性も多くいます。

症状

冷え性というくらいですから、冷えるのは当然ですが、血行が悪くなることで様々な症状が出てきます。肩こりや胃もたれ、体力低下は血行が悪くなると現れる症状です。

血行が悪くなるということは、同時に酸素も全身に回りづらくなっているということなので、これらの症状が出てきます。また、腹痛や便がゆるいことが多くなり、手足が冷たくて、夜眠れなくなることも多いでしょう。代謝が悪くなるので肌荒れも起こり、風邪をひきやすく、生理不順も招きます。

冷え性対策

手っ取り早いのが入浴です。40度前後のお湯に、ゆっくりつかることで体を暖め、縮んだ血管を広げて血行をよくしてくれます。熱いお湯に入るのは、ゆっくり使っていることができず、体の表面しか暖まりませんので逆効果です。入浴剤も様々なものが市販されていますので、体が温まるものを使ってみましょう。時間のない人は足湯も効果があります。

ちょっと熱めの42〜3度のお湯に足をつけるだけでも効果があります。入浴後は湯冷めしないように、早めに髪の毛を乾かし、靴下を履いておきましょう。

体を暖める食べ物

食べ物にも気を配ってみましょう。体を暖める効果のある食べ物の代表格として、生姜があります。すりおろしてお茶や紅茶に入れてみましょう。蜂蜜とお湯で溶いて飲んでも体が温まりますし、もちろん料理に使ってもいいでしょう。体を暖める食べ物の目安として、寒い地方や寒い時期に獲れるものが体を暖める効果があります。反対に、温かい地方や夏に獲れるものは体を冷やす食べ物と覚えておきましょう。

体を暖める

ニンジン・レンコン・ごぼう

かぼちゃ・ネギ・にら

生姜・唐辛子・にんにく

みそ・ゴマ・梅・こんにゃく



体を冷やす

なす・きゅうり・レタス

もやし・白菜・スイカ

バナナ・みかん・メロン

海藻類・あさり・しじみ


▲ Page Top