女性の健康まるわかり帳
HOMELINKSITEMAP
HOME > 様々な悩み > めまい

めまい

たまに起きる立ちくらみのようなめまいなら、気にしない人も多いでしょうが、あまりにもしょっちゅうめまいを起こしていると、とても不安になってきます。

回転性のめまいだと、転倒する可能性もあり、危険ですので、めまいの原因を突き止めて健康な体になりましょう。

めまいの種類

めまいにも色々症状があり、その中で大きく3つに分類することができます。自分のめまいはどれでしたか? めまいは女性に多いような印象を受けますが、男性でも女性でも関係なく起きるものです。それでは1つづつ詳しく見ていきましょう。

回転性めまい

回転性のめまいは、文字通り自分自身や周囲がグルグル回っているように見えるめまいです。耳の閉塞感や耳鳴り、音が聞こえづらいと言った症状も一緒に出ます。いきなりめまいが起こり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。耳の異常で、メニエール病であることが多く、放っておくと難聴になってしまう可能性もありますので、めまい外来を受診しましょう。まれに、脳出血や脳梗塞などでも回転性めまいを起こすことがありますので、注意が必要です。

浮動性めまい

体がふわふわ浮いているような感じでふらつき、真っ直ぐ歩けなくなり、姿勢を保つのも困難になります。頭痛がして手足がしびれたり、運動麻痺を一緒に起こすことがあります。多くは脳の異常が原因と考えられています。

立ちくらみのようなめまい

立ち上がったときにクラっときたり、目の前が真っ暗になるようなめまいで、時には失神してしまう場合もあります。血圧に関係する全身の病気が原因と考えられます。

めまいの原因

何かが起きるということは、必ず原因があります。めまいが起きるのにも何か必ず原因が存在します。

耳が原因

耳の中には、体のバランスを保つ働きもあります。耳に異常が生じると、バランスを保っていられなくなり、回転性めまいなどを起こします。

その異常個所によって、耳鳴り、吐き気、嘔吐などを伴います。

良性発作性頭位めまい症

バランスを保つ三半規管の近くにある耳石がはがれてしまい、三半規管に入り込んでしまうことで起こるめまいです。

メニエール病

内耳の中の内リンパが増えすぎて、内耳がむくんでめまいが起こります。内リンパ水腫とも言います。回転性めまいを起こし、難聴や耳鳴り、耳の閉塞感などが現れます。

前庭神経炎

バランスを保つ情報を脳へ伝える神経に炎症が起こり、うまく情報を伝えることができずにめまいが起こります。風邪をひいた後に起こりやすいめまいです。

外リンパろう

内リンパ腔に髄液が漏れて起こるめまいです。難聴や、水が流れるような耳鳴り、耳の閉塞感があります。

中耳炎

中耳炎でもめまいを起こすことがあります。炎症が内耳にまでいくと起こります。

脳が原因

脳の運動機能を司る場所で血管が詰まったり、出血、腫瘍などがあるとめまいを起こすことがあります。

脳梗塞・脳出血

脳梗塞や脳出血では、血液が十分に脳幹まで運ばれないために、めまいが起こります。

椎骨脳底動脈循環不全

椎骨動脈という、首から脳に繋がっている血管と、脳底動脈の血液が足りなくなると、十分な血液が脳に運ばれなくなるために、めまいが起こります。

聴神経腫瘍

体のバランスを保つ情報を脳に伝える神経があり、その神経に腫瘍ができることでめまいが起こります。

その他の原因

これら以外に、血圧の急激な変動、高血圧、低血圧、貧血、低血糖、不整脈、ストレスなどでもめまいが起こります。

検査と治療

検査は問診から始まります。めまいが起こったのはいつか、どんな症状か、そのくらい継続したのかなどを聞かれます。

検査

聴力検査の他に、めまいの程度を調べる眼振検査を行います。

めまいを起こしていると、眼球が激しく揺れます。頭の位置を変えたり、物を見つめたり見つめなかったりしたときの眼振を調べます。

体平衡検査では、体のバランスが取れているかどうかを調べます。両足、片足で立ったとき、目をあいているとき、閉じているときの体のふらつきを見ます。

足踏みをしたときに、体がどれくらい向きがずれていくのかも調べることがあります。更に、CT検査やMRI検査で、脳の異常の有無を調べます。

温度刺激検査では、耳に水やぬるま湯を入れて、めまいが起こるかどうか調べます。

治療

めまいが起こると、吐き気や嘔吐が起こり、不安な気持ちが症状を悪化させることがありますので、症状に応じて適切な薬が処方されます。

抗めまい薬・環境改善薬

めまいを改善するために、脳や内耳の血流を増加させます。十分な血液が行渡ることで、めまいが改善されます。

吐き気止め

めまいのときに起こる吐き気を抑えます。吐き気のために飲むことができない場合は、注射や点滴が使われる場合もあります。

抗不安薬

めまいに対する不安がめまいをより一層悪化させるので、不安を取り除く薬を使います。

ステロイド薬

ステロイドには、炎症をしずめ、免疫を抑制する働きがあるため、めまいに伴う難聴や、神経の炎症に使います。

浸透圧利尿薬

内耳のむくみを軽くするために使われます。メニエール病などで用います。

ビタミン剤

神経に作用するビタミンB12などを服用し、異常を起こしている神経を修復します。

▲ Page Top