女性の健康まるわかり帳
HOMELINKSITEMAP
HOME > 様々な悩み > メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

男性でも女性でも、健康に気をつけている人であれば、メタボリックシンドロームにならないように気をつけている人も多いでしょう。

日本人の三大死因はがん、脳卒中、心臓病です。

動脈硬化が心臓病や脳卒中を含む循環器の病気を引き起こしますが、この動脈硬化のもととなるのがコレステロールです。これらに大きく関わっているのがメタボリックシンドロームなのです。




メタボリックシンドロームって?

太っている、お腹が出ている=メタボではありません。メタボリックシンドロームの判断基準から、ウエスト周りのサイズがなくなりました。

メタボリックシンドロームは、内蔵型肥満が原因で、様々な生活習慣病になりやすくなっている状態をメタボリックシンドロームと言います。

肥満症、高血圧、高脂血症、糖尿病などは、動脈硬化を起こしやすく、油断できない病気なのです。

どうしてメタボは怖い?

メタボリックシンドロームが怖いと言われるのはどうしてでしょう。あなたのお腹はつまめますか? つまめるのは皮下脂肪です。一度ついてしまうと中々落ちない脂肪です。

一方、お腹が出ているのにつまめない人もいますね。これがメタボリックシンドロームの原因になる内臓脂肪です。

内臓脂肪がつくのは、内臓の周りだけではなく、腸間膜の間や毛細血管が集中している場所になりますので、よくない生理活性物質が分泌されると、血管に入っていき、全身によくない生活活性物質を運んでしまい、生活習慣病という悪影響を及ぼしてしまうのです。

高血糖、高血圧、高脂血症のうち、2つがあてはまっていればメタボと言われています(腹囲は診断基準からはずれました)。この3つ全てが動脈硬化を引き起こす可能性のあるものです。

メタボリックシンドロームだと、これら2つに該当しているのですから、その危険が高くなるのです。

動脈硬化を起こすと?

動脈硬化は血管が固くなってしまうものです。血管の壁が厚くなり、血管自体も細くなってしまい、血流が悪くなります。こうしたことが心臓の冠動脈に怒ると、酸素や栄養が不足してしまい、狭心症を起こします。更に、血管に弾力がなくなり詰まりやすくなってしまいますので、心筋梗塞、脳梗塞の危険性も出てきます。

メタボリックシンドロームになると、こうした病気へのリスクが数十倍にもなってしまうのです。メタボが原因で動脈硬化になるということは、命の危険が近づいていると言うことでもあるのです。

診断基準

メタボリックシンドロームの診断基準は、高血糖、高血圧、高脂血症に2つ以上あてはまる場合です。

空腹血糖値が110mg/dl以上、血圧が、収縮期血圧130mmHg以上か、拡張期血圧が85mmHg以上の場合、または両方あてはまる場合、脂質は中性脂肪が150mg/dl以上か、HDLコレステロール値40mg/dl未満、またはその両方にあてはまる場合です。体型だけを見てメタボだとかメタボじゃないとかで判断できません。やせていてもメタボの可能性もあるので、年に1度はきちんと健康診断を受けて、血圧、血糖値、脂質のちゃんとした数値をだしてもらいましょう。

憎い内臓脂肪

メタボリックシンドロームの元凶になる内蔵脂肪。メタボリックシンドロームから脱出するためには、この憎い内臓脂肪を減らすことが必要です。

『脂肪は簡単に減らせない』

と思っている人も多いでしょうが、それは皮下脂肪です。内臓脂肪は皮下脂肪と違い、溜まりやすいのに落としやすいのです。

それには何がいいのかと言うと、運動と食事です。運動は無理のない範囲で、気長に続けられるものにしましょう。内臓脂肪は炭水化物の摂りすぎでたまっていきます。

食事の内容を見直そうとすると、どうしても脂肪分をカットしがちですが、脂肪分を減らすのも大事ですが、なによりも炭水化物を減らすことが大事です。炭水化物の摂りすぎは、インスリンを過剰分泌させます。

空腹に菓子パンなどを食べると一気に血糖値が上がります。絶対に食べてはいけないということではありません。

それに見合った運動をしなければいけないということです。

▲ Page Top